« フェイス・ザ・ミュージック/シーネ・エイ(SACD/CD) | トップページ | マイ・ラヴ/サリナ・ジョーンズ・ウィズ・スタッフ(SACD/CD) »

2024年5月 7日 (火)

J.S.バッハ管弦楽BOX/鈴木雅明、バッハ・コレギアム・ジャパン(7SACD/CD)

Dsc_0243_20240506183801

DISC1
ヴァイオリン協奏曲 第1番、第2番、
2つのヴァイオリンのための協奏曲、オーボエとヴァイオリンのための協奏曲

寺神戸亮(独奏ヴァイオリンⅠ)、若松夏美(独奏ヴァイオリンⅡ)、マルセル・ポンセール(オーボエ)、渡邊慶子、竹嶋祐子(ヴァイオリンⅠ)、赤津眞言、小野萬里(ヴァイオリンⅡ)、森田芳子(ヴィオラ)、鈴木秀美(チェロ)、前田芳彰(コントラバス)、鈴木雅明(チェンバロ)

【1998年録音】

DISC2
ブランデンブルグ協奏曲【2000年録音】第1番~第3番

DISC3
ブランデンブルグ協奏曲【2000年録音】第4番~第6番、第5番第1楽章の初版

テウニス・ファン・デル・スヴァルト、塚田聡(コルノ・ダ・カッチャ)、三宮正満、尾崎温子、前橋ゆかり(オーボエ)、堂阪清高(ファゴット)、島田敏雄(トランペット)、ダン・ラウリン、山岡重治(リコーダー)、菅きよみ(フラウトトラベルソ)、福沢宏、山広美芽(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、寺神戸亮(ヴァイオリン、ヴィオラ)、若松夏美(ヴァイオリン、ヴァイオリン・ピッコロ)、竹嶋祐子(ヴァイオリン)、赤津眞言、高田あずみ、森田芳子(ヴィオラ)、鈴木秀美(チェロ)、櫻井茂(コントラバス)、鈴木雅明(チェンバロ)

DISC4
ブランデンブルグ協奏曲【2008年録音】第1番~第4番

DISC5
ブランデンブルグ協奏曲【2008年録音】第5番、第6番、

トーマス・ミューラー、オリヴィエ・ダルベレイ(コルノ・ダ・カッチャ)、三宮正満、前橋ゆかり、尾崎温子(オーボエ)、堂阪清高(ファゴット)、島田敏雄(トランペット)、山岡重治(リコーダー)、菅きよみ(フラウトトラベルソ)、福沢宏、武澤秀平(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、寺神戸亮(ヴァイオリン、ヴィオリーノ・ピッコロ、ヴィオロン・チェロ・ダ・スパラ)、若松夏美(ヴァイオリン、ヴィオラ)、高田あずみ、パウル・エレラ(ヴァイオリン)、ディミトリー・パディアロフ(ヴァイオリン、ヴィオロン・チェロ・ダ・スパラ)、秋葉美佳(ヴァイオリン、ヴィオラ)、森田芳子、成田寛(ヴィオラ)、西澤誠治(ヴィオローネ)、鈴木秀美(チェロ)、鈴木雅明(チェンバロ)

管弦楽組曲 第4番

DISC6
管弦楽組曲 第3番、第1番、第2番

鈴木雅明(指揮)バッハ・コレギアム・ジャパン、寺神戸亮、若松夏美(ヴァイオリン)

【2003年録音】

DISC7
2台のチェンバロのための協奏曲 第3番、第2番
管弦楽組曲 第1番(鈴木優人編による2台チェンバロ版)
2台のチェンバロのための協奏曲 第1番

鈴木雅明、鈴木優人(チェンバロ)、若松夏美(ヴァイオリンⅠ)、新木優子(ヴァイオリンⅡ)、山口幸恵(ヴィオラ)、武澤秀平(チェロ)、西澤誠治(ヴィオローネ)

【1998年録音】

これは、2023年にBISレーベルが創業50周年を迎えたのを記念して、大幅値下げ再発されたヨハン・セバスチャン・バッハ管弦楽BOX7枚組のSACD/CDハイブリッド盤。価格は1枚あたり¥1000円以下なのに、演奏、音質共に良く、満足できる内容である。

曲目に演奏者のメンバーを列記してみたが、凄い大御所の方々が集まった感じ。日本人主体でこれだけのバッハの演奏が出来る事に対して、同じ日本人として誇りに思いたいほど。ブランデンブルグ協奏曲は2000年と2008年録音のものが収められているが、特に弦楽器の楽器構成の違いやメンバーの入れ替わりがあって、その演奏の違いを楽しむ事が出来る。

SACDを聴ける環境にある人は是非とも有るうちに入手して欲しい。なお、通常CD層もかなり良い音で楽しめるのでSACDが聴けなくてもSACD層はおまけだと思って入手しても充分楽しめる。


にほんブログ村

|

« フェイス・ザ・ミュージック/シーネ・エイ(SACD/CD) | トップページ | マイ・ラヴ/サリナ・ジョーンズ・ウィズ・スタッフ(SACD/CD) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フェイス・ザ・ミュージック/シーネ・エイ(SACD/CD) | トップページ | マイ・ラヴ/サリナ・ジョーンズ・ウィズ・スタッフ(SACD/CD) »