« J.S.バッハ管弦楽BOX/鈴木雅明、バッハ・コレギアム・ジャパン(7SACD/CD) | トップページ | アイ・キャント・レジスト・ユー/アナ・マリア・アルバゲッティ »

2024年5月10日 (金)

マイ・ラヴ/サリナ・ジョーンズ・ウィズ・スタッフ(SACD/CD)

Img_20240509_0001

1.エヴリデイ
2.マイ・ラヴ
3.ベスト・シング
4.ティーチ・ミー・トゥナイト
5.ひとりぼっちの夜
6.ラヴィング・アームズ
7.アイ・ドント・ウォント・トゥ・ビー・トゥナイト
8.レイトリー

サリナ・ジョーンズ(ボーカル)
リチャード・ティー(キーボード、ヴォーカル1.&7.)
エリック・ゲイル(ギター)
コーネル・デュプリー(ギター)
ゴードン・エドワーズ(ベース)
スティーヴ・ガッド(ドラムズ)

【録音】1981年

この音源は、1981年に日本ビクターによって国内で録音され、国内盤のLPレコードで発売された。当時、行きつけのレコード屋の親父さんの勧めで買った覚えがある。1970年代後半から1980年代には、米国ではジャズが下火になりジャズ・シンガーには冬の時代だったが、日本ではまだ一定のジャズファンが居て、ジャズ・シンガーが来日した時に日本のレコード会社が録音して独自に国内でレコードを発売するような事が行われた。この音源もそのような1枚である。

しかしながら、このレコードは正統なジャズではない。フュージョンかと言われるとそうでもなくて、ジャズっぽいポップスというのが妥当だと思う。マイ・ラヴはポール・マッカートニー、レイトリーはスティービー・ワンダーの曲だ。それらをリチャード・ティーのアレンジのもとで、サリナ・ジョーンズは自家薬籠中の歌として歌っている。

SACD/CDとして発売されている当盤はタワーレコードの企画の1枚。SACD層の音質はかなり良く、オリジナルのLPレコードを彷彿させる音質でとても楽しめる。


にほんブログ村

|

« J.S.バッハ管弦楽BOX/鈴木雅明、バッハ・コレギアム・ジャパン(7SACD/CD) | トップページ | アイ・キャント・レジスト・ユー/アナ・マリア・アルバゲッティ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J.S.バッハ管弦楽BOX/鈴木雅明、バッハ・コレギアム・ジャパン(7SACD/CD) | トップページ | アイ・キャント・レジスト・ユー/アナ・マリア・アルバゲッティ »