音楽

2018年12月14日 (金)

ワーグナー 「ニーベルングの指輪」から「ジークフリート」/ショルティ、ウィーンフィル(英DECCA アナログLP)

Dsc_0240

Swscan00734

英DECCAニーベルングの指輪22枚セットの中の「ジークフリート」は、スリーブ、レーベル、独→英の対訳も赤色である。

「ジークフリート」は、個人的にニーベルングの指輪4部作の中で、聴くのに最も忍耐が必要だと感じる。特に、最初のうちは、さすらい人(ヴォータン)、ミーメ、ジークフリートの男声3人しか出てこない上に、何か禅問答のような感じの場面が長く続く。女声が出てくるのは、ジークフリートが大蛇を剣で倒して返り血を浴び、小鳥の声が判るようになって小鳥の声が出てくるまで全く無い。

後半は聴きやすい。特にブリュンヒルデが目覚めてから終幕までは感動的ですらある。ビルギット・ニルソンのブリュンヒルデが素晴らしい。しかし、そこに至るまでは、私にとってはまだ忍耐が必要な演目である。

音質は素晴らしい。ショルティ/ウィーンフィルのニーベルングの指輪4部作の中では「ラインの黄金」と「ワルキューレ」の間、1963年頃に録音されていて、「ラインの黄金」よりもマイクの数が増えて緻密になっているが、「ワルキューレ」ほど細かいマルチトラックではない。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年12月11日 (火)

ワーグナー 「ニーベルングの指輪」から「ワルキューレ」/ショルティ、ウィーンフィル(英DECCA アナログLP)

Dsc_0240

Swscan00733

英DECCAニーベルングの指輪22枚セットの中の「ワルキューレ」は、スリーブ、レーベル、独→英の対訳も水色である。

「ワルキューレ」は、個人的にニーベルングの指輪4部作の中で一番聴きやすいものだと感じる。「ラインの黄金」よりも長いけれども、第一幕だけはクナッパーツブッシュのを良く聴いていて耳に馴染んでいるし、第三幕は、有名なワルキューレの騎行が出てくるしスペクタクルこの上ない音楽で、聴きやすいので、LP5枚が苦もなくそのまま聴ける。

長女がまだ幼稚園に通っていた頃、20年以上前の事だが、ワルキューレ第一幕冒頭の部分を聴いていたら、怖いといって泣き出したのを覚えている。確かに恐怖に満ちた音楽である。ジークムントが戦いから逃れて逃げ惑いながらジークリンデの住むところにたどり着く音楽だから。

ジークムントとジークリンデが結ばれてジークフリートが生まれるのと、恐怖を感じない人間でなければ近づけない炎を張り巡らされた中にブリュンヒルデが眠らされるまでの物語も単調にならず、長いのに聴き続けやすい。

録音は「ラインの黄金」から8年も経っているのでかなり異なるが、DECCAらしい鮮明な音質で、素晴らしい。「ラインの黄金」もそうだったが、やりすぎ気味の演出には統一感がある。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年12月 7日 (金)

ワーグナー 「ニーベルングの指輪」から「ラインの黄金」/ショルティ、ウィーンフィル(英DECCA アナログLP)

Dsc_0248

オペラを映像無しでよく聴くが、どちらかと言うとワーグナーは苦手。特に長い「ニーベルングの指輪」は、全曲通して聴くのがとても大変だと思う。しかし、格安で英国プレスのセットを入手してしまった。ボックスは木箱に合成皮革を貼ったもので、彫り込み加工がなされていてとても高級感がある。このセットは1970年代に英国で限定1000セット発売されたもの。

Dsc_0249_2

中身は5部のアルバムに分かれていて、「ラインの黄金」3枚、「ワルキューレ」5枚、「ジークフリート」5枚、「神々の黄昏」6枚、「ニーベルングの指環・ライトモチーフ集」3枚の22枚組。

Dsc_0250

「ラインの黄金」は、青緑色の内袋に入っていて、ドイツ語から英語への対訳(これも青緑色)が付く。

Swscan00732

LPレコードのレーベルも、青緑色になっている。昔、キングレコードが販売した国内盤の「ニーベルングの指輪」を持っていたが、音質はこちらの方がずっと鮮明で、透明感のある音色であり、聴いていて気持ちが良いと思うほど音質は良い。オーディオ的にも充分に楽しめるもので、冒頭のオーケストラの低弦の沈み込みや、ステージの近くで聴いているような分離の良い音であり、終幕近くの雷の音もとてもリアルである。若干やりすぎと思えるほどの音の演出がある感じであるが、それも、映像無しでオペラを楽しむのには邪魔にはならない。

96K/24bitのマスターから制作された通常の輸入CDのセットよりも、ずっと音質が良い。自宅で腰を下ろして、じっくり聴くのはLPレコードの方が良いように思うし、ハイレゾで入手出来たとしても、私はウォークマンでは聴かないと思う。

「ラインの黄金」は、普通の人間は一人も登場しない。ワーグナーの壮大なファンタジーの世界に引き込まれる。今まで苦手だったのだが、苦もなくLP3枚を通して楽しんで聴けた。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年12月 4日 (火)

THEIR GREATEST HITS 1971-1975/イーグルス(192K/24bit Flac)

Their_greatest_hits_19711975

12月13日まで、e-オンキヨーでイーグルスのアルバム10タイトルが割安になっている上に、ホテル・カリフォルニア(192K/24bit Flac)がかなり良かったので、THEIR GREATEST HITS 1971-1975(192K/24bit Flac)も購入してみた。

このアルバムは、DCCが発売した高音質な180g重量盤LPと、米国初出のLPレコードを持っており、LPレコードでは復刻盤でも米国初出盤でもかなり良い音質で聴くことが出来る。192K/24bit Flacは、もっぱらハイレゾ・ウォークマンで聴くために購入したようなものだが、据え置きのUSB-DACで大型のスピーカーで聴いても、新しい復刻重量盤LPに近い音質で再生させることが出来る。音の厚みや非常に鮮明な音質で、復刻のLPに近い。

若い時にはイーグルスのアルバムは、ファーストから「ザ・ロング・ラン」までのLPレコードを持っていたが、良く聴いたのはホテル・カリフォルニアとこの1971-1975のベスト盤なので、ハイレゾはこの2種があれば取り敢えず充分かなと思っている。

ジャケットについて一言書くと、米国初出盤LPは、鳥の頭の骸骨の部分とEAGLESの文字部分がエンボス加工されているが、DCC180g重量盤LPでは、鳥の頭の骸骨の部分だけがエンボス加工されてEAGLESの文字部分はエンボス加工されていない。ハイレゾデータだと、ジャケット写真は簡単なデジタルデータだけなのでエンボス加工なんて関係ないし若干味気なく感じる反面、ハイレゾ・ウォークマンでどこでも手軽に良い音質で聴けるのが利点である。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年11月30日 (金)

ベートーヴェン ピアノ協奏曲/ バックハウス、シュミット=イッセルシュテット(米LONDON LPレコード)

今年、ウィルヘルム・バックハウス/ハンス・シュミット=イッセルシュテット、ウィーンフィルによるベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番(皇帝)のアメリカ・ロンドン(英国プレス)のものを手に入れた事で、アメリカ・ロンドン(英国プレス)の1番から5番まで全て5枚とも揃った。

最後に残っていたのは第5番(皇帝)で、これが一番沢山市場にあって入手しやすいのだが、ウィーンフィル創立125周年を記念して1967年に英DECCAから発売された「VIENNA PHILHARMONIC FESTIVAL」 SXL6292-5という4枚組のセットを持っていて、この中にウィルヘルム・バックハウス/ハンス・シュミット=イッセルシュテットによるベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番(皇帝)が入っていたので、ダブってしまうため、手に入れるのを控えていた。

Swscan00730
しかし、1番から4番までアメリカ・ロンドン(英国プレス)のものが4枚手元に揃っていたこともあり、千円以下の格安中古を見つけたので購入に踏み切った。

Swscan00714

Swscan00716

ジャケットは1963年頃までのブルーバック(ジャケット裏が薄い水色)のものだが、中身のレコード盤は1963年以降から1968年頃までの時期にプレスされた溝付LONDON ffrrであり、初出ではない。多分、1963年以降の早い時期にプレスされたもの。レコード盤のマトリックスはZAL-4597-2E/ZAL-4598-2Eで、英DECCA SXL6295のZAL-4597-5W/ZAL-4598-5Wよりも若い。聴き比べてみると、英DECCA SXLの方がFレンジが広く高域の透明感もある。しかし、其の差は大きくない。どちらの盤もコンディションは良く耳障りなノイズは出ない。

手持ちの1番から4番までのアメリカ・ロンドン(英国プレス)は、格安な盤が出た時におのおのバラバラに購入したので、プレスの時期が不揃いである。

1番:ブルーバックジャケット、ラージ中溝LONDONレーベル(1960年頃)

Swscan00717

Swscan00719

2番:裏が白地のジャケット、溝無しLONDON ffrr(1968年以降のプレス)

Swscan00722

Swscan00721

第3番:ブルーバックジャケット、外溝ラージLONDON(1958年頃の最初期盤)

Swscan00725

Swscan00724

4番:裏が白地のジャケット、溝無しLONDON ffrr(1968年以降のプレス)

Swscan00727

Swscan00729

この中で、第3番の最初期盤は若干サーフェスノイズが大きいが、それ以外は目立つノイズが出るものは無い。入手価格は第3番のみは最初期盤のため少し高かったが、それ以外は全て二千円以下で見つけたもの。

英DECCA盤だとSXL2178として第1番と第2番がカップリングされて1枚で発売されたが、アメリカロンドンでは、2枚に分かれていて、CS6099が第1番の第1~第2楽章がSIDE1にカットされ、SIDE2には第3楽章とソナタ 第8番(悲愴)が、CS6188は第2番の第1~第2楽章がSIDE1にカットされ、SIDE2には第3楽章とソナタ 第14番(月光)が入っていて、余裕のあるカットになっていて、音質的に有利である。

溝の無い1968年以降のプレスの盤はワイドレンジにはなっているが、ウィーンフィルのしなやかな弦が若干明るめで、音の厚みが減退している。しかし、復刻CDよりは良い音質だと思う。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年11月27日 (火)

オペラ座の夜/クイーン(Deagostini180g重量盤)

Swscan00709

Swscan00712

今月始めに発売されたDeagostiniの180g重量盤。もうすでにネット上では様々なレビューが載せられているが、私の印象は、それほど悪くない。レコード盤のプレスの状態はまずまずで、音質も昔の国内盤の再発LP(定価¥2000)よりも良いのではないか?

Deagostiniは、映画「ボヘミアンラプソディー」の上映に合わせてクイーンのLPレコードの販売に踏み切った。タイムリーというか商魂たくましいと思うのだが、何れにせよ昔なつかしいLPレコードが本屋で買えるのは良いことだし、充分に楽しめるものだと思う。

ジャケットはダブルジャケットで、ジャケ裏は最近の再発盤に多い変なバーコードも無い。右上にVirginのロゴ、一番下中央にwww.queenonline.comのロゴがあり、右下に銀色のステッカーが貼られている。

Swscan00711

このアルバムをLPレコードで聴いたのはほぼ30年ぶり位、クイーンのLPレコードは、ファーストからザ・ゲームまでのアルバムは当時すべて持っていたが、引っ越しの時に処分してしまっていた。久々に「オペラ座の夜」を通して聴いた印象は、クイーンというのはクラシック音楽やオペラの音楽の影響を多大に受けていたのだなということだが、10歳代の終わり頃から20歳代はじめ頃にはクラシックを沢山は聴いていなかったので、そういった印象もあまり無かった。曲はすべてクイーンのメンバーの自作のみで、スタジオ・ミュージシャンを使わず、全て自分たちが演奏している。

クイーンは日本との繋がりが強く、ファーストアルバムが逸速く売れだしたのは英国本国よりも日本だった。「手を取り合って」という日本語で歌われたオリジナル曲もあったし、このオペラ座の夜の中にも、日本のおもちゃの琴が使われている曲があったりする。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年11月23日 (金)

ホテル・カリフォルニア/イーグルス (192K/24bit Flac)

Hotel_california

12月13日まで、e-オンキヨーでイーグルスのアルバム10タイトルが割安になっているのでホテル・カリフォルニア(192K/24bit Flac)を買ってみた。

ホテル・カリフォルニアのハイレゾを買ったのには、個人的にもう一つ理由がある。ソニーのハイレゾウォークマンを買って、出張などで新幹線に乗るときにもハイレゾを聴けるようになったからだ。

アナログレコードは、デジタル化しない限りお手軽には聴けない。ハイレゾの良いところは、ポータブルDAPで手軽にどこでも聴けるところだというのが、今更ながら身にしみて判った。ハイレゾウォークマンで手軽に聴くのも良し、本格的なスピーカーできちんとしたUSB-DACを通して聴くもまた良い。リスニングルームで聴く音質は、CDよりもはハイクオリティな180g重量盤LPの音質に近い。レンジが広い上に真ん中が分厚い。ただし、好みの問題ではあるが、拙宅の環境では、よりエレキギターの音色が良く、ベースやドラムの音も明解なので、アナログLPの方が良い感じ。

ウォークマンは初代のカセットのやつを1979年に買った。当時はLPレコードをカセットデッキでカセットテープに録音し、それをウォークマンに入れて聴いていた。当時のウォークマンも携帯出来る大きさのものなのに音質は良いと思ったが、現代のハイレゾウォークマンも、小さいのに良い音であり、電車の中で聴いていて音質に不満は無い。電車の中でも歩いている時でも、いつでも手軽に良い音で聴けるのがハイレゾ。要は、音楽の聴き方の幅が広がる。

ホテル・カリフォルニア/イーグルス(180g重量盤高音質LP)については一昨年にこのブログで書いている。

http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/180lp-2911.html


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年11月20日 (火)

プッチーニ トゥーランドット/エレーデ、聖チェチーリア音楽院(3LP)

Swscan00705

Swscan00707

配役
トゥーランドット:インゲ・ボルク
リュー:レナータ・テバルディ
カラフ:マリオ・デル・モナコ
ティムール:ニコラ・ザッカリア
ピン:フェルナンド・コレナ
パン:マリオ・カルリン
ポン:レナート・エルコラーニ
皇帝アルトウム:ガエターノ・ファネルリ
代官:エツィオ・ジョルダーノ

指揮:アルベルト・エレーデ
聖チェチーリア音楽院管弦楽団&合唱団

録音:1955年7月

このLPレコードは、米国発売のLONDONレーベルの1970年頃のプレスのもので、プレスは英国DECCA社で行われたもの。SIDE1の裏がSIDE6、SIDE2の裏がSIDE5、SIDE3の裏がSEDE4というオートチェンジャー・カットになっている。米国発売のLONDON盤の中古価格はリーズナブルなのだが、英国DECCAではSXL 2078/80という番号で発売されたが、中古価格はとても高いのでとても買えない。

1993年発売の輸入盤のCDでも持っていて、そちらもかなり音質は良いのだが、このLPレコードは音が分厚く濃い音色で、CDの音質を上回る。

Swscan00708

インゲ・ボルクのタイトルロールは、ビルギット・ニルソンと比べてしまうとやや一本調子な感じだが、現代にこれだけドラマティックにトゥーランドット姫を歌える歌手がどれだけ居るだろうか。

マリオ・デル・モナコのカラフは、ユッシ・ビョールリンクほどの知性的な感じではないけれど、オーケストラを突き抜けてラッパのように響く声は素晴らしく、全盛期のデル・モナコの最善の記録の1つだろう。

レナータ・テバルディのリューは、ラインスドルフ盤と比べてしまうが、こちらの方が声が若干若く感じられる。端役のピンがフェルナンド・コレナというのが凄い。

アルベルト・エレーデの指揮はイタリアオペラらしいテイストを感じるもので、細かく四角四面に演奏してしまいがちな現代の指揮者には無い魅力がある。オーケストラや合唱は若干荒さもあるが、全体を通してみると情熱的で素晴らしい演奏であり、今でも通用する一流の録音だと思う。

しかし、このような古いオペラ全曲盤は、ハイレゾやSACD化はなされないだろうと思う。それだけに、このような英国プレスのLPレコードは存在価値が高い。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年11月16日 (金)

金と銀~ウィンナ・ワルツ・コンサート/ケンペ、ドレスデン・シュターツカペレ

Swscan00702

Swscan00704

1972年12月~1973年1月にかけて、ドレスデン・シュターツカペレの創立425周年を記念して録音されレコード化されたもの。このLPレコードは、1993年にDENONから発売された、DENON最後のアナログレコードシリーズの1枚。現実には、最後にはならなかったのだが。

当時は、クラシック音楽のアナログレコード生産は風前の灯で、DENONも自前のプレス工場は無くなっていて東洋化成がプレスした。限定生産だから出来るラッカー盤から直接スタンパーを作ってプレスしてしまう方法が取られていて、それ以前のDENONの既存盤よりも音が良かった。今聴いてもこのLPレコードの音質はとても良く、通常CDを聴くよりもずっと良い。

LPレコードやCDを買っても、買った時には感激しても暫く経つと当初の感激が無いようなものがある一方、買った当初は平凡な印象であっても、次第に其の良さがわかってきて愛聴するようになるものがある。この盤はまさに後者であり、指揮者のルドルフ・ケンペとドレスデン・シュターツカペレのコンビの阿吽の呼吸が見えるような名演奏である。

収録曲

SIDE1
喜歌劇「こうもり」序曲  ヨハン・シュトラウス2世
ワルツ「ウィーン森の物語」ヨハン・シュトラウス2世
ワルツ「天体の音楽」   ヨゼフ・シュトラウス

SIDE2
喜歌劇「ウィーンの朝・昼・晩」 スッペ
ワルツ「金と銀」     レハール
ポルカ「浮気心」     ヨハン・シュトラウス2世

元々、ルドルフ・ケンペは、この手のウィンナ・ワルツは得意にしていた。こちらのドレスデン・シュターツカペレとの録音は、痒いところまで手が届いているような感じがあり、緻密さも持っている。

1958年にウィーン・フィルとEMIが録音した「ウィーンの夜」というタイトルが付いたウィンナ・ワルツ集も良い演奏だが、それは数年前にこのブログで書いている。

ウィーンの夜 / ケンペ、ウィーンフィル(180g重量盤LP)

http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/180lp-f0f4.html


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年11月13日 (火)

カウント・ベイシー/アット・ニューポート(180g重量盤)

Swscan00700

Swscan00701

1957年のニュー・ポート・フェスティバルでのライヴ録音。レスター・ヤングやジョー・ジョーンズが参加して、かなり存在感のある演奏をしている。また、ブルース歌手のジミー・ラッシングの歌も良い。レスター・ヤングはこの演奏の後2年足らずでこの世を去るのだが、このレコードでの演奏では、体調不良を思わせるような感じはない。

昨年発売されたDeagostini復刻盤が中古レコード屋さんで新古盤として格安で売られていたので拾ってみたもの。音質も良いし、心配したプレスの状態も良い。この時代のジャズは、アナログレコードで聴いたほうが、しっくり来るような気がする。


にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

音楽