音楽

2018年5月25日 (金)

ブラームス、チャイコフスキー、メンデルスゾーン: ヴァイオリン協奏曲、ヴァイオリン・リサイタル /ミルシテイン<タワーレコード限定>SACD/CDハイブリッド盤

ブラームス、チャイコフスキー、メンデルスゾーン: ヴァイオリン協奏曲、ヴァイオリン・リサイタルの入ったナタン・ミルシテインの2枚組のSACD/CDハイブリッド盤を入手した。

ナタン・ミルシテインは、1960年代まではEMIにレコーディングしていたが、1970年代に、ドイチェ・グラモフォンにブラームス、チャイコフスキー、メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲とバッハ 無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ全曲、自身の作曲したパガニーニアーナを含むヴァイオリン・リサイタルを録音した。

ブラームス ヴァイオリン協奏曲(オイゲン・ヨッフム指揮 ウィーンフィル)

Nathan_milstein_brahms_tchaikovsky_

ヨッフムの指揮によるものなのか非常に重厚なオーケストラをバックに、以前の同曲の録音よりもロマンチックに弾いている。カデンツァが自作なので、それを聴く目的でも持っていて良いと思う。

チャイコフスキー、メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲(クラウディオ・アバド指揮 ウィーンフィル)

Swscan00555

同じウィーンフィルだが、指揮がアバドだという事もあって、明晰でやや明るいオーケストラに乗せて、しなやかな円熟の演奏を聴かせている。チャイコフスキーはオリジナルの版とは異なる。これが、本SACD/CDハイブリッド盤のジャケットになっている。

ヴァイオリン・リサイタル(ピアノ伴奏 ジョルジュ・プルーデルマッハー *録音は1975年だが初出のLPが出たのは1986年)

Nathan_milstein_mendelssohn_violin_

ジェミニアーニ ソナタ(ミルシテイン編)

シューベルト 華麗なるロンド

ミルシテイン パガニーニアーナ

リスト コンソレーション(ミルシテイン編)

ストラヴィンスキー ロシアの歌(ストラヴィンスキー、ドゥシュキン編)

コダーイ 巷に雨の降るがごとく(ミルシテイン編)

ムソルグスキー ホパーク(ラフマニノフ編曲

この演奏は小品が多いが、編曲家や作曲家としてのミルシテインの一面が垣間見れる。今のクラシックのヴァイオリニストは純粋に演奏するだけの人がほとんどだが、昔のヴァイオリニストは、自分でカデンツァを作って演奏したり編曲して演奏していた人も居た。その最後の大家がミルシテインなのだと思う。パガニーニアーナは、現代のヴァイオリニストも演奏するスタンダードなので、本家がどのように演奏しているのかを知る上で、録音の良いこともありとても貴重なものだと思う。

いずれもオリジナル盤を持っているが、SACD/CDハイブリッド盤が出たので買ってみたのだが、CD層を聴いても、従来のオリジナルス・ビット・マッピングのCDよりもヴァイオリンの音がより本物らしく全体的によりクリアな音質になっていた。知人の所でSACD層も聴かせてもらったが、SACD層はさらに素晴らしくクリアで細かい部分が曖昧にならず、奏者の息遣いがよりリアルに聞こえるような感じで、1970年代のドイチェ・グラモフォンの録音は素晴らしいな、と改めて感じた。装丁が普通の2枚組のCDと同じものでコストがかかっていないのが残念だが、音質がとても良いので我慢しよう。

バッハ 無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ(オリジナルは3枚組 後にバラ売りもされた)

Bach_milstein

これは、1~2年前にSACD/CDハイブリッド盤が発売されている。そのうちに書こうと思う。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

ドヴォルザーク 交響曲第8番、シューベルト 交響曲第5番/ワルター、コロンビア交響楽団

Swscan00546

Swscan00548

アメリカのオーディオ誌、The Absolute Sound が発表している TAS LIST 2017

http://www.theabsolutesound.com/articles/tas-super-lp-list-2017/

SPECIAL MERIT: Classicalの中に、このLPが掲載されている。私個人としては、このワルターのNEW REMIXED MASTER シリーズの30枚のLPの中で一番音質の良いものは、マーラー 交響曲第1番「巨人」だと思っていて、それは今も変わらない。

SIDE1にドヴォルザーク 交響曲第8番を丸々入れ、SIDE2にシューベルト 交響曲第5番が入っているが、ワルターの個性が発揮されて出来が良いのはシューベルト 交響曲第5番の方だと思う。洗練された都会的な個性がシューベルトの音楽性に合致していて、若書きであり晩年の「ザ・グレート」ほどの深い芸術性が無い作品なのに、この演奏を聴くと作品本来以上に感銘を受けるような奇跡的な出来なのかもしれない。

ドヴォルザーク 交響曲第8番は30分を超えながらも音質的不利が感じられ無いという事で、CBSソニーのプレスは優秀だと今更ながら感じるが、この曲は多少田舎臭く野暮ったい方が良いような気がするので、ワルターのはあまり聴くことは少ない。

ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」は、このシリーズで出たものよりも、Analogue Productions200gLPの方がずっと良い。

ベートーヴェン 交響曲第六番「田園」/ワルター、コロムビア交響楽団(Analogue Productions200gLP)

http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/analogue-produc.html


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

モーツァルト アイネ クライネ ナハトムジーク他/ワルター、コロンビア交響楽団

Swscan00536

Swscan00531

最近はハイレゾを聴く機会が多くなって、その分、CDを聴く割合が減っているが、LPレコードを聴くのはあまり減っていない。このレコードは、35年前に入手したもの。初めてこの音源を聴いたのは、それ以前に発売されていた白っぽいジャケットの¥1500の廉価盤だったが、買い替えたNEW REMIXED MASTERシリーズの音質がとても良かったのを覚えている。

収録曲

SIDE 1
アイネ クライネ ナハトムジーク
劇場支配人 序曲
コシ・ファン・トゥッテ 序曲

SIDE 2
フィガロの結婚 序曲
魔笛 序曲
フリーメーソンのための葬送音楽

録音は、アイネ クライネ ナハトムジークが1958年、それ以外は1961年で、ワルターの晩年のステレオ録音である。アイネ クライネ ナハトムジークを最初に聴いたのが、このワルターの演奏だったので、この演奏が私的な一つの基準になっているというか、鮎が生まれた川に戻ってくるように、一番最初に聴いて感銘を受けたものがどうしても好きなのは仕方が無いように思える。

ワルターのモーツァルトは優美で優しい。それでいて大きなアゴーギクが無く、過度の感情移入が無い洗練されたものである。今から半世紀以上前の古い演奏で今とはスタイルも微妙に異なって、古楽器演奏など無かった時代のものであるが、聴く度に、やっぱり、ワルターのモーツァルトは良いと思うし、様々な演奏を聴いて耳が肥えた人にも、説得力のある演奏ではないか、と思う。

音質は、このNEW REMIXED MASTERシリーズ全部に言える事だが、それまでの国内盤LPと比べるとより鮮明で生々しい音で、このシリーズのドヴォルザーク 交響曲第8番は、高音質なLPレコードが収載されている米国のABSOLUTE SOUND誌が発表しているTASリストにも載せられているほどである。現在市販されている同じ音源の輸入盤のCDよりもずっと良い音質であることは間違いない。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年5月15日 (火)

バッハ 無伴奏チェロ組曲/フルニエ (192K/24bit FLAC)

Js_bwv_10071012

5月13日までバッハの音源がe-オンキヨーで安かったので、ピエール・フルニエのバッハ 無伴奏チェロ組曲だけ買ってみた。192K/24bit FLACのハイレゾ。

この音源は、LPレコード2種(1960年代のドイツプレス、1980年代のドイツプレス)、オリジナル・ビット・マッピングによるドイツ盤のCDを持っていて、バッハ 無伴奏チェロ組曲の中で一番のお気に入りであり良く聴く演奏である。

音質は、手持ちのCDとは比較にならない。鮮度が高くチェロの弦がそれらしく響く。デジタル音源でこの演奏がここまでよく鳴ったことは無かった。実在感がありも適度に有る。1960年の録音だから、最新のデジタル録音とは違うが、半世紀以上前の録音とは信じ難い。

LPレコードはより実在感がある鳴り方だが、残響や音場の出来方はこのハイレゾの方が良い。アンセルメの三角帽子でFLACをWAVに変換したものの方が音質が良かったので、これもWAVに変換して聴いてみたい。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年5月11日 (金)

珠玉のチェロ小品集/ピエール・フルニエ(180g重量盤LP2枚組)

Swscan00516

Swscan00518

収録曲
Side 1
1. アダージョとアレグロ (フランクール)
2. メヌエット (ハイドン)
3. ラルゲットとロンド 作品10の2/作品10の3 (ウェーバー)
4. 夜想曲 第2番 変ホ長調 作品9の2 (ショパン)

Side 2
5. 太陽への讃歌 (リムスキー=コルサコフ)
6. 熊蜂の飛行 (リムスキー=コルサコフ)
7. アダージョとアレグロ 変イ長調 作品70 (シューマン)

Side 3
1.アヴェ・マリア (グノー)
2.感傷的なワルツ 作品51の6 (チャイコフスキー)
3.野の寂しさ 作品86の2 (ブラームス)
4.妖精の踊り 作品39 (ポッパー)
5.ロンド ト短調 作品94 (ドヴォルザーク)

Side 4
6.白鳥 (サン=サーンス)
7.ロッシーニの≪モーゼ≫の主題による変奏曲 (パガニーニ)
8.奇想的小品 (チャイコフスキー)※ボーナス・トラック

これは、1969年録音のピエール・フルニエのチェロ小品集で、ピアノ伴奏はラマール・クラウソン。発売前に予約注文して入手したが、もうすでにネット上では売り切れ状態のようだ。このセットは2枚組で¥8000近い値段なのだが、あっという間に無くなったのに驚いている。

演奏は、チェロのプリンスと言われたフルニエらしいしなやかで美しいチェロが幾分甘さを持って聴こえてくる。復刻状態はとても良く、プレスも良い。

弦楽器や人の声は、まだデジタルには無いアナログの良さがあると感じる。買って良かったというか、手に入れることが出来て良かった。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年5月 8日 (火)

ファリャ 三角帽子 他/アンセルメ、スイス・ロマンド管 Flacをwavに変換して聴いてみた

1月にファリャ 三角帽子 他/アンセルメ、スイス・ロマンド管(192K/24bit flac) について書いた。

http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/192k24it-flac-a.html

この192K/24bit flacファイルを192K/24bit wavファイルに変換して聴き比べてみた。FLAC形式のファイルは、FLACはWAVをロスレス圧縮してメタデータを加えたものなので、FLACをWAVに変換することは簡単に出来る。wavに変換すると、約2割強データが大きくなるがflacは思ったより圧縮率は大きくない。

この2つのファイルの再生において何が違うのかというと、flacファイルの再生の時にはリアルタイムで圧縮データを解凍しながら再生するのだが、あらかじめwavファイルに変換しておいたものだと、再生時に圧縮データを解凍せずにそのままDACにデータを送れるのでPCの負担が少ないという事だけが異なる。

拙掲示板において聴き比べのお薦めがあったのでやってみた。

音楽とオーディオの掲示板 http://6623.teacup.com/encore1megaohm/bbs/827

再生時、パソコンのデジタル処理の負担が少ない事だけなので、基本、同じデータと見做せるので、そう変わりはないと思っていたが、実際にはwavファイルの再生の方がよりクリアで、特に微小で繊細な部分の再生に勝る。

世の中には、ハイレゾだろうがCDだろうがmp3だろうが音質は変わらないという人も居るが、あり得ないと思う。実際に聴いてしまうと、オーディオは何をやっても音質は変わると言わざるを得ない。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

バルトーク、プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第1番/オイストラフ、リヒテル

Swscan00503

Swscan00505

これは、旧ソ連時代のMELODIYAレーベルから供給されたマスター音源を使って英EMIが発売したLPレコード。録音は1972年で英国発売は1975年。オイストラフは1974年に亡くなっているので、亡くなった直ぐ後に発売されたもの。

オイストラフとリヒテルにとっては、共に同時代を生きた作曲家の作品であり、特にプロコフィエフの1番は、オイストラフの生涯に渡って何回も演奏し録音した作品で、その最後のスタジオ録音であり、しかも相方のピアニストがリヒテルであるから、尚の事、興味を覚える音源である。期待に違わず素晴らしい。音質もバランス良くまとまっており、旧ソ連の音源とは思えないほど素晴らしい。英国EMIの自前の録音より幾分か地味で飾り気がない感じだが、逆にそれがこの演奏の凄さを際立たせるように働いているようにも思える。

また、この中古LPレコードの実勢価格はそれほど高くなく、場合によってはCDより安い場合もあるかも知れない。LPレコードで聴きたい音源である。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年5月 1日 (火)

ヴェニス /ショルティ、コヴェント・ガーデン王立歌劇場(LSC2313 復刻重量盤)

Swscan00641

Swscan00642

収録曲

SIDE1
ヴェルディ 椿姫 第一幕への前奏曲
ロッシーニ アルジェのイタリア女序曲
ヴェルディ 椿姫 第三幕への前奏曲
オッフェンバック ホフマン物語から 舟歌

SIDE2
ロッシーニ セミラーミデ序曲
ポンキエッリ ラ・ジョコンダから 時の踊り

ゲオルグ・ショルティ コヴェントガーデン王立歌劇場

ステレオ初期の録音で、RCAレーベルだがDECCAチームが録音し、録音エンジニアはケネス・ウィルキンソン。オリジナル盤は高価だが、これは180g重量盤でバーニー・グランドマンがリマスターとカッティングをしたCLASSC RECORDSから1990年代に発売されたもの。手持ちに同じものを持っているのだが、中古屋さんで見かけ拾った。ダブリというやつだ。

若い頃のショルティらしくオーケストラをガンガンドライブしている。英国のオーケストラらしいしなやかな表現は減退している。バーニー・グランドマンがリマスターとカッティングをしたCLASSC RECORDSから発売されたRCAの復刻盤は音質が良いものが多いが、これは若干高域がきつくて一連のシリーズの中では不出来な方かも知れない。少しFレンジの狭いプレーヤーシステムで聴いたほうがバランスが良い。

オリジナル盤が高すぎて買えないのと、復刻盤の中古を久しぶりに見たので、買ってしまった。1枚は保守用にしようと思う。見開きのジャケットに穴が空いていて、カラー印刷のブックレットが豪華でカッコ良い。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年4月27日 (金)

リヒャルト・シュトラウス ナクソス島のアリアドネ/カラヤン、フィルハーモニア管

Swscan00487

Swscan00488

エリーザベト・シュヴァルツコップ(S:プリマドンナ/アリアドネ)
リタ・シュトライヒ(S:ツェルビネッタ)
イルムガルト・ゼーフリート(S:作曲家)
ルドルフ・ショック(T:テノール歌手/バッカス)
カール・デンヒ(Br:音楽教師)
ユーグ・キュエノー(T:舞踏教師)
ヘルマン・プライ(Br:ハルレキン)
アルフレート・ノイゲバウエル(執事)、他
フィルハーモニア管弦楽団 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

録音は1954年でモノラル。このLPレコードは1981年発売の英国再発盤。疑似ステレオではなくモノラルのまま。カッティングは1980年前後の時代に合わせ、普通のステレオカートリッジを使って再生してバランスの良い再生音になるようになっていて、ステレオの広がりは無いものの、とても古い録音とは思えない良い音質である。

作曲者が亡くなって10年に満たず、まだフルトヴェングラーが存命中で、カラヤンがベルリンフィルの音楽監督に就任する前の録音。颯爽としたテンポ感の中に緻密で美しいリヒャルト・シュトラウスの音楽があり、古さを感じさせない。歌手陣は特にエリーザベト・シュヴァルツコップ、リタ・シュトライヒ、イルムガルト・ゼーフリートという3人の女性陣が素晴らしい。

再発盤であるがゆえにオリジナル盤のジャケットデザインとは異なるし、リブレットにはドイツ語から英語への対訳はあるが歌手やカラヤンの写真などは一切載っていないのが残念。しかし、音質はかなり良いので、入手して良かったと思っている。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年4月24日 (火)

サン=サーンス ヴァイオリン協奏曲第3番他/ミルシテイン、フィストゥラーリ、フィルハーモニア管 他

Swscan00477

Swscan00479

これは、英EMIの再発廉価盤LPで、1973年発売。

収録曲

SIDE1:サン=サーンス ヴァイオリン協奏曲第3番 ナタン・ミルシテイン(ヴァイオリン)、アナトール・フィストゥラーリ(指揮)、フィルハーモニア管弦楽団 1964年初出

SIDE2:ショーソン 詩曲 ナタン・ミルシテイン(ヴァイオリン)、アナトール・フィストゥラーリ(指揮)、フィルハーモニア管弦楽団 1964年初出

サン=サーンス 序奏とロンド、カプリチオーソ ナタン・ミルシテイン(ヴァイオリン)、ワルター・ズスキント(指揮) コンサート・アーツ管弦楽団 1960年初出

オリジナル盤はサン=サーンス ヴァイオリン協奏曲第3番とショーソン 詩曲のみがカップリングされ、序奏とロンド、カプリチオーソは、別のLPレコードで発売されていた。

Esoterocから、チョン・キョンファのヴァイオリンによる協奏曲集が出たので、チョン・キョンファのLPレコードをまとめて聴いたのだが、情熱が爆発している芸風にいささか食傷気味になったので、ミルシテインの洗練された芸風のものが聴きたくなってLPレコードやCDを聴き直している

この3曲を通して聴いてみると、ナタン・ミルシテインの芸風みたいなものが明らかになる。洗練された高貴な美しさがあってそれでいて、大家らしいヴィルトォーソ的な芸風を併せ持っている。

来月には、タワーレコードから、1970年代にミルシテインがドイチェ・グラモフォンに録音した音源が、SACDハイブリッド盤で発売になる。

http://tower.jp/item/4720274

全てLPレコードとCDで持っているが、取り敢えず予約注文した。1970年代のドイチェ・グラモフォンの録音は、今回発売になるSACDハイブリッド盤以外ではバッハの無伴奏があるだけで、スタジオ録音のレコードはベートーヴェンやブルッフ、サンサーンス、ドヴォルザーク、グラズノフなどの協奏曲は1960年代以前のEMIなどの録音のものがあるだけである。EMIに残されたステレオ録音もSACDハイブリッド盤で出ないのだろうか?


にほんブログ村

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

音楽